9月筑駒サピックスオープン第1回 -確報

筑駒のSOの結果です。

部分点が少しありましたが、想定内でした。

結果

算数 約50点

国語 約40点

理科 約75点

社会 約30点

合計 195点

順位は230番台、偏差値51で惨敗。

コメント

  • 算数は、解いた問題は取り切らないといけません。2で正解率が7,8割の問題を落としていますが、その時点で終了となっています。3についても、考え方が分かっていながら正しい答えにたどり着かないと部分点があってもわずかなのでこうしたところでミスをしないかですね。
  • 国語は思ったよりは取れていましたが、詩でバツになっているところ、1,2点しかない問題もあるので、こうしたところの精度を上げていく必要があります。50点取ると一桁順位なので、国語では大きな点差とならかなかったようです。
  • 理科は、平易なところが多く物理の梃子の配点が低かったため平均が高かったです。わが子は平均程度でしたが、簡単な問題を2,3問とり切れていませんでした。
  • 社会は、前回書いた通りですが、難しいながらも後4問分16点くらいは何とかなったように思います。不十分な知識では間違えが増えるだけなので精度を上げていく必要があります。
  • 筑駒サピックスオープンを受けている人はほぼ開成サピックスオープンを受けていると思うのでこの2つの模試でこれだけ順位が違うのは、まだ試験形式に対する対応と、完成度の差だと思います。わが子の場合の順位を見ていましたが、科目単位の傾向ではあまり変わりませんでした。筑駒の試験形式の方が、高い完成度が求められるので、1科目ずつ完成していないと得点にならない気がしました。また均等配点もありますね。
  • 今回は、算数と社会で大きく点差が開いており、国語、理科については標準偏差が狭かったように思います。算数と社会で点数を落としたので試験としては残念な結果となりました。
  • とにかく現時点では取れる問題を取り切れないというところが大きな敗因です。算数についても本番の試験では全部解く必要がありますが、この模試で捨てるべきと思った時には潔く捨てて点数を取りに行くべきだと思いましたが、社会にしてもそうした試験に対する抜け目なさが足りないように思いました。
  • 性格的なところもありますが、なかなか取れる問題を取り切ることができていません。今日の合格力判定はどうなったのか心配です。
  • 11月までにある程度社会を形にして、理科の穴埋めをしつつ、記述力を上げる、算数は割り切ることを徹底ですかね。
にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

コメント