5年 第1週を終えて

5年のカリキュラムが一周したので勉強の進め方について

兄の時と比べると国語、算数、理科は分量が増えている気がします。やり方は兄の時と同じですがテキスト増量分、工数増えてますね。

1.生活

  • 勉強に使えるのは火、木の夜。毎朝と土日があります。土日の午後は外出、イベントや調整日としておきたいので、朝のルーチン+復習を火、木、土、日の4スロットで進める感じです。
  • 平日は1-3時間、土日朝は1ー4時間で終わったら終わり。朝は1時間弱でその日のうちに積み残しを作らない。
  • マンスリーのある2週前から理科、社会、国語の語彙は分散させてテキスト読み込み、問題の解き直しの予定ですが、そうした復習よりも毎回の完成度の方が重要そう。

2.方針

  • 朝は同じことをルーチン化。
  • やったことは丸つけしておく。帰宅してから直しをしてもらう。夜や週末に説明が必要なことは説明。理科社会は授業翌日に説明。
  • 算数は、先取り演習+サピ復習、ある程度量をこなして馴染ませる感じ
  • 国語は、漢字と語彙の定着と丁寧な読解の復習、難しい設定の物語、難しい内容の説明文の内容の正確な理解、記述の要素項目を正しく拾えるのが目標
  • 理科は、毎回のテキストの理解、概念、用語理解とその運用。サピ以外はやらない。科学系の本は好きに読ませる。
  • 社会は、テキスト熟読。長い休みに白地図、過去問やるかも。
  • 理科社会の知識量はテキストとコアプラスで5年次は十分。理科の入試はもっと難しいし、社会は統計データがあるので、ここらは6年土特でやるので毎回積み残し無く覚えるべきもの、理解すべきことを理解し、マンスリーで8割以上取れて入れば知識のInputは問題ない。演習は6年で死ぬほどやるので今は知識と概念固めを徹底。
  • 4年時と違い何回も繰り返す時間はないので、勉強「精度」を短い時間で効率的にどうあげるか、ですね。

3.算数

  • 基礎トレ(朝) 
  • サピックス算数 4回に分ける。計算力コンテストは毎回
    • 1)デイリーアプローチ+サポート間違え直し
    • 2)3)冊子2日間に分けて
    • 4)デイリーサポート裏
  • 東京出版ステップアップ演習 3ー4問/回 半分くらい終了
  • 中学への算数 日々の演習 2問/回 5冊終了
  • 秘伝の算数 3周目間も無く終了(朝)
  • グノーブルのJG過去問 1日1問 200番くらい。
  • 過去問週末、巣鴨、城北から(週末)
  • ちょっと算数が重いので終わらせていきます。

4.国語

  • Aテキストの漢字と語彙 5日に分散して実施(朝)
  • Aテキストその他の部分 2日に分散して復習
  • 言葉ナビ 朝に次週のテスト範囲を分散して2回転くらい(朝)
  • 日能研の漢字ドリルと市販の語彙の本を見開き2ページ程度 まもなく2周目終了(朝)
  • Bテキスト 3回に分散して3問程度ずつ。
  • 週末 四谷大塚4年下の国語のテキストの演習問題 週末 まだ終わりません。
  • 銀本 男子校読んでます。(朝)
  • 読書 ー全然小説を読みません。

5.理科

  • 授業翌日にノート復習、テキスト熟読、ポイントチェック書き込み
  • デイリーステップは毎日(朝)
  • 問題は3回に分けて
  • 4回目(前日)に問題とテキスト総復習
  • コアプラスは、範囲を2回転(朝)の予定

6.社会

  • 授業翌日にノート復習、テキスト熟読、デイリーステップ
  • テキスト1ページずつ毎日熟読
  • 問題 基礎、発展、実践3回に分けて
  • 4回目(前日)に問題とテキスト総復習
  • コアプラスは、範囲を2回転(朝)の予定

慣れるとメリハリつけられそうです。やることが火木土日で変わるので曜日固定ですね。現時点での算国理社でウエイトのイメージは4:2:2:2くらいです。様子見ながら調整していこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です